Eコマースを始めたばかりの方は、梱包で試行錯誤しているのではないでしょうか。今日はそんな方達のために、Eコマースにおける梱包ガイドをご紹介します。

Eコマースの梱包で大事な事は、まず初めにしっかりと商品を保護する事です。輸送途中に破損してしまわないよう十分に気をつけましょう。次に、梱包コストを最小限に抑える事です。顧客は商品代金のみ(もしくは+送料)を支払っているだけで、梱包代金はセラー負担となるからです。そして最後に、綺麗に梱包することを忘れないでください。Eコマースの場合、梱包は商品の一部でもあります。お店やブランドイメージにも繋がるため、注意しましょう。

これを踏まえて、適切な梱包材の選び方、梱包方法、さらにマーケティングを強化することで他のECショップとの差別化を図る方法を詳しく見ていきましょう。

梱包材について

梱包には主に2つのポイントがあります。一つは、商品サイズに合う外装、もう一つは、どんな衝撃も吸収できるクッション材(緩衝材)です。

外装
代表的な例は次のとおりです。

封筒 :
軽くて比較的安価なので、小物や書類の発送に最適です。運送会社によっては無料で提供してくれる場合もありますので、必ず確認しましょう。

ボール箱(厚紙箱):
Eコマースの代表的な梱包資材です。
ボール箱にも色々な種類がありますが、中でも段ボール箱は厚みがあり、ある程度のクッション性があります。一方で、厚紙で作られた板紙箱は薄くクッション性に欠けるため、化粧品や医薬品などの軽量品に適しています。段ボール箱も、運送会社によっては無料で提供してくれる場合もありますので、確認するようにしましょう。

ボール管 :
ポスターなどの巻物を送る場合に適しています。

ボール管

緩衝材
商品の隙間を埋めて、箱の中で動き回らないように衝撃を吸収する役割があります。代表的な例は次のとおりです。

・包装紙または新聞紙
・プチプチ(エアパッキン)
・エアピロー緩衝材
・発泡緩衝材(バラ緩衝材)

ほとんどの場合、新聞紙でも十分梱包できるので、わざわざ費用を負担してまで緩衝材を取り揃える必要はないかもしれません。しかし、「梱包」はショップのイメージ、ブランドのイメージにも繋がる重要なポイントであることも忘れないでください。

梱包材・緩衝材は、オンラインで購入できます。Ship&coがオススメするオンラインショップはダンボール通販サイト「ダンボールワン」です。ダンボールワンは、弊社別事業のBento&coの出荷用にも8年前から利用しています。ダンボールワンでは、大量に注文する前に、サンプル取り寄せも可能なので、実際に箱を手にして確認してから購入できる事もオススメのポイントです。

梱包方法

次に、梱包時の3つのステップをご紹介します。

A. 商品に適切な外装梱包材を選択する:商品のサイズと脆さを考慮し、適切なサイズ、材質、厚さの梱包タイプを選択してください。最も重要なのは、サイズです。最小限の空きスペースで商品に合うパッケージサイズを選ぶようにしてください。例えば、箱の高さが大きすぎる場合には、商品のサイズに合わせて高さをカットして調節し、箱のサイズを変更する事をお勧めします。これは、体積や重量によって配送料が決定するため無駄なスペースを作らない・梱包材で無駄に重量を増やさないこと、また配送時に商品が箱の中で動くことによる破損を防ぐことが目的です。

B. しっかりと包む:商品の脆さによっては、商品を紙やプチプチ(エアパッキン)で包んだり、商品周りに発泡緩衝材、エアピロー緩衝材などのクッション材を敷き詰めるなどして、外部からの衝撃に耐えられる梱包を意識しましょう。

C. 隅々までテープを止める:商品が十分に梱包され、箱の中で商品が動かない事を確認したら、最後にテープで封をします。通常、国内配送の場合は横に一枚だけテープを使いますが、海外発送の場合は、粘着力の強いテープで隅を閉じるようにH型になる形で貼り付けてください。

マーケティング同梱物


Eコマースの梱包において、マーケティングも忘れてはいけません。ただ商品と納品書、梱包材だけが入っているのでは、お店やブランドの印象に良くありません。ブランディングのために、商品に関係する同梱物を入れるように心掛けましょう。もちろん、送料には重量が大きく関わるため、なるべく軽量のマーケティンググッズを準備することをお勧めします。

Shopifyが紹介する、Shea Brandの出荷時の同梱物

マーケティング同梱物として、いくつかのお勧めの例は下記の通りです。

・商品パンフレット
・割引クーポン
・小さなギフト
・商品サンプル(特にスキンケア製品に最適)
・手書きのお礼状

まとめ


適切な梱包材の選び方、梱包の仕方、マーケティング同梱物の準備には、最初にある程度の時間とコストをかけることで、商品の保護、更にはお店やブランドイメージの向上につながり、顧客満足度が上昇します。どんな梱包形態が合っているのか、取扱商品によっても異なるので、色々と試して最適な状態を見つけ出しましょう!


ダンボールワンについて
ダンボール通販業界No.1のダンボール・梱包資材の製造会社です。500種類以上のダンボール・梱包資材の規格品(既製品)をはじめ、「オーダーメイドダンボール」や、オンライン上でデザイン・レイアウトが可能な「印刷ダンボール」など、幅広いサービスを展開しています。詳しくはこちらをご覧ください。