EC担当者必読!FedEx、UPS、DHLで海外発送する際における追跡 & 配送状況の取り扱いについて解説!
Shipping Tips & Solutions

EC担当者必読!FedEx、UPS、DHLで海外発送する際における追跡 & 配送状況の取り扱いについて解説!

海外サイトに商品を注文する際、購入者が荷物の追跡に不安を感じるのは当然のことです。本記事では、ECショップセラーが知っておくべき運送会社の発送通知とDHL、FedEx、UPSの追跡ステータスの意味について、詳しく解説させていただきます。

Amazon 自己発送:使うべきツールは?ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の配送ラベルを1クリック作成!
Shipping Tips & Solutions

Amazon 自己発送:使うべきツールは?ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の配送ラベルを1クリック作成!

Amazon自己発送の注文を、ヤマト・佐川・ゆうパックなどの複数の国内運送会社を利用しているAmazon出品者向けに、出荷業務をより効率化させる方法をご案内します。WEBゆうプリ、e飛伝Ⅲ、B2クラウドなど各システムの利用をやめて、全ての発送に対応できる便利ツールを導入しましょう。

Amazon 自己発送:海外発送に必要な配送ラベルを簡単に作成!越境EC事業者に必須!
Shipping Tips & Solutions

Amazon 自己発送:海外発送に必要な配送ラベルを簡単に作成!越境EC事業者に必須!

Amazonマーケットプレイスで出品し、自己発送でお客様に商品を届けるAmazon出品者であれば、配送業務の大変さを感じるかと思います。FBAでなく、自己発送(FBM)を行っているセラー様向けに海外発送用の配送伝票(ラベル)を簡単に作成する方法をご紹介します。

ネットで日本郵便 ゆうパケット・ゆうパックラベルを作成する方法を解説!
Shipping Tips & Solutions

ネットで日本郵便 ゆうパケット・ゆうパックラベルを作成する方法を解説!

ゆうパック・ゆうパケットラベルをどう作成すればよいか不明でご心配の方向けに、ネット上から、ゆうパック・ゆうパケットラベルの作成方法を紹介します。その他、Webゆうパックプリントの代理、EC事業者向けのシッピングツールを解説!

自社サイトでの販売に欠かせない配送ポリシー:作成のポイントと事例の紹介
E-commerce Tips & Solutions

自社サイトでの販売に欠かせない配送ポリシー:作成のポイントと事例の紹介

自社サイトでの販売において、配送ポリシーはとても重要な要素です。今回は、購入者が不安にならないように「配送ポリシーページに必要な情報」についてご紹介します。ぜひ事例を確認しながら、皆様のビジネスに合った配送ポリシーを作成していきましょう。

フラクタ x Shopify:企業の成長を阻むデジタルトランスフォーメーションの壁を打ち壊す方法
E-commerce Tips & Solutions

フラクタ x Shopify:企業の成長を阻むデジタルトランスフォーメーションの壁を打ち壊す方法

日本企業のデジタルトランスフォーメーションを阻むものから、デジタルトランスフォーメーションの必要性とブランドがShopifyを通じてデジタルをうまく活用するポイントまで、Shopify パートナーであるフラクタ様にお聞きしました。

発行した送り状(伝票)の使用期限:その期限が切れたらどうすればいい?
Shipping Tips & Solutions

発行した送り状(伝票)の使用期限:その期限が切れたらどうすればいい?

ヤマト運輸のB2クラウドや佐川急便e飛伝Ⅱなどのオンラインシッピングツールで送り状を発行する方、「送り状を発行した後、いつまでに発送しなければならないか、わからない…」。そんな方のために、今回の記事では、各運送会社の送り状の有効期限を紹介します。

【2022年版】DHL エクスプレスの輸送料金の計算方法:オプショナルサービス、サーチャージ、通関サービスの料金一覧
Shipping Tips & Solutions

【2022年版】DHL エクスプレスの輸送料金の計算方法:オプショナルサービス、サーチャージ、通関サービスの料金一覧

DHL Expressで荷物を発送するには、知らないと損をする、「送料」のことを説明していきます。本記事では、輸送料金の計算、DHLのオプショナルサービス、サーチャージ、通関サービスに発生する追加料金についてをまとめましたので、ぜひご確認ください。

自社ECサイトの集客方法は?Shopifyショップの新規顧客獲得の課題から成功のカギまで、知っておくべき点を紹介!
E-commerce Tips & Solutions

自社ECサイトの集客方法は?Shopifyショップの新規顧客獲得の課題から成功のカギまで、知っておくべき点を紹介!

自社ECサイト開設後、ECサイトへ集客を行うためには様々な集客の方法から自社ECサイトに適したものを選んだり組み合わせたりする必要があります。今回、まるっと集客アプリを開発したハックルベリー様にShopifyサイトの集客力アップのために必要な知識について伺いました。

SNSでeギフトが贈れる!Shopifyショップでギフトを販売するうえで欠かせない「AnyGift」を紹介!
E-commerce Tips & Solutions

SNSでeギフトが贈れる!Shopifyショップでギフトを販売するうえで欠かせない「AnyGift」を紹介!

国内で人気が高まっている「eギフト機能」を自社ECサイトに導入したいShopifyマーチャント向けに、導入のメリット、Shopifyショップに便利なギフトアプリ、導入方法について解説します。また、eギフトに成功するために必要な3つのポイントを紹介しますので、ぜひチェック!

日々の物流業務をもっと簡単シンプルにする、物流フルフィルメントサービス「オープンロジ」を紹介!
E-commerce Tips & Solutions

日々の物流業務をもっと簡単シンプルにする、物流フルフィルメントサービス「オープンロジ」を紹介!

日々の物流業務が面倒で、ショップのコア業務に直接関わらない部分で負担を感じている、ECショップを運営している企業様向けに解決方法である物流フルフィルメントサービスを提供している「オープンロジ」を紹介します。オープンロジとは何か、サービスの特徴的な点が何か、Shopify連携で活用する方法などについて解説していきます。

【2022年最新版】Shopify Plusパートナー13社の概要を一覧で紹介!オンラインビジネスを成功させるために検討すべき点は?
E-commerce Tips & Solutions

【2022年最新版】Shopify Plusパートナー13社の概要を一覧で紹介!オンラインビジネスを成功させるために検討すべき点は?

Shopifyを構築してくれる会社は、通常のShopifyパートナーやShopifyエキスパート以外、一番上位ランクのShopify Plusパートナーというのがあります。本記事では、Shopify Plusパートナーのサービスから、オンラインビジネスを成功させるために検討すべき点と各Shopify Plusパートナーの概要まで説明していきたいと思います。

Shopifyアイテムのフルフィルメントは、どうすれば良い?業務をより効率化できる、おすすめのポイントを徹底紹介!
Shipping Tips & Solutions

Shopifyアイテムのフルフィルメントは、どうすれば良い?業務をより効率化できる、おすすめのポイントを徹底紹介!

ECサイトを運用していくなかで、Shopifyアイテムをフルフィルメントする業務にどうすればよいだろうといった疑問が多いでしょう。そんな疑問のある方向けに、Shopifyの注文管理から発送方法まで、おすすめのポイント・コツについては、本記事にまとめておりますので、ぜひご参照ください。

国際郵便は、6月1日からEMS・国際小包の料金改定と特別追加料金を導入!越境ECセラーとしてどう対応すべきか?
Shipping Tips & Solutions

国際郵便は、6月1日からEMS・国際小包の料金改定と特別追加料金を導入!越境ECセラーとしてどう対応すべきか?

日本郵便・国際郵便は6月1日以降、EMS・国際小包における料金改定と特別追加料金の導入が実施します。本記事では、今回のお知らせについて越境ECセラーの皆様に是非知ってもらいたい、大事な点を説明します。

Shopifyでサブスクリプションを成功に導く方法!「Go SubscRide」アプリを紹介
E-commerce Tips & Solutions

Shopifyでサブスクリプションを成功に導く方法!「Go SubscRide」アプリを紹介

ECサイトの成功モデルとしてサブスクリプション(定期購入)を導入するメリット、拡大するサブスク商品について紹介します。また、Shopify PlusパートナーGO RIDE様に、Shopifyでサブスクを始めるなら欠かせないサブスクアプリ、Go SubscRideについてお話を伺いました

国際郵便は、米国宛てに加え、ヨーロッパ等宛ても手書きラベル利用不可!
Shipping Tips & Solutions

国際郵便は、米国宛てに加え、ヨーロッパ等宛ても手書きラベル利用不可!

2022年 6 月 20 日(月)から、米国宛てに加え、ヨーロッパ等宛て国際郵便物の一部において「通関電子データ」の送信を必須になります。今後、EMSの手書きラベルではなく、オンラインのシッピングツールでラベルを作成し、発送する必要があります。