Ship&coは、これまでにいただいたユーザー様からのリクエストにお応えし、新機能を追加しました!

今回追加した新機能は、「店舗ステイタスの任意変更機能」です。

送り状発行後のオーダーに関して、お客様の任意のタイミングでショップ側のステイタスを「発送済み」にし、追跡番号の連携ができるようになりました。

この機能追加により、Ship&coで送り状発行後、同期設定をオフにしている場合も、わざわざショップの管理画面に移行してステイタスを手動変更する必要はありません。

ステイタスの自動変更

通常、オーダーを完了(発送済みに処理)するには、オンラインショップの管理画面にアクセスし、追跡番号を入力し、ステイタス変更ボタンをクリックしなければなりません。以下はShopifyの例です。

Shopifyのステイタス発送済み変更ボタン

Ship&coでは、この作業が自動的に完了します。
Ship&coの店舗設定で、以下のように「同期設定」をオンにしていただいている場合は、ラベル発行と同時に自動的に店舗側で「発送済み」にアップデートされます。この機能は今まで通り変わりません。

Ship&coのShopify店舗自動同期設定ボタン

今回何が変わったのか?

ECセラーは、注文書やピッキングリストの発行、梱包、送り状・納品書の発行、店舗ステイタスの変更の作業を毎日繰り返します。この作業の順番(ワークフロー)は、セラーによって大きく異なります。

これまでの店舗の同期設定機能(送り状発行と同時にステイタス自動変更機能)は大変好評いただいておりましたが、一部ユーザー様より倉庫でのワークフローに基づいて、ステイタス変更を送り状発行と同時ではなく、実際に出荷した後に手動で行いたいというリクエストがありました。

そこで、お客様の多種多様なフルフィルメントプロセスに対応するために、送り状発行ボタンだけでなく、いつでもオーダーのステイタス変更を実行できる新しい「発送済にする」ボタンを導入しました。

送り状作成直後、「発送済にする」ボタンが表示されます。

または、発行完了リストでもクリックできます。

このボタンをクリックすると、選択したオーダーが店舗側で「発送済み」に変更され、追跡番号もショップに自動送信されます。

*尚、Ship&coの店舗登録画面で「同期設定」をオンにしていただいている場合は、ラベル発行と同時に自動的に店舗側で「発送済み」にアップデートされますので、この「発送済にする」ボタンは無効扱いで表示されます。

この新機能が役に立ったという方は、是非フィードバックを送ってください。

詳細については、こちらのサポートページをチェックするか、hello@shipandco.comまでお問い合わせください。