Ship&coは、Webアプリ以外にAPIソリューションを提供しているのをご存知ですか?Ship&co APIをご利用いただくと、自社システムにShip&coの必要な機能だけをピックアップして組み込むことができます。

本日は、Ship&co APIを導入いただいている企業様の、導入前と後のワークフローの違いについてご紹介します。

導入企業事例:

日本の貿易会社。海外在住日本人向けに食品カタログまたはECサイトを通じて日本の食品を販売。主に、海外在住日本人から日本国内に住む家族や親戚・友人へのギフトに使われる。発送件数は年間約2万件。自社の基幹システムで受注情報を取りまとめた後、提携している国内の販売元や倉庫など約30ヶ所から商品が出荷される。

早速、Ship&co API導入前と導入後のプロセスの違いを見ていきましょう。

<Ship&co API導入前>
基幹システムで受注情報を取りまとめた後、別途、送り状印刷会社に全注文の送り状印刷を依頼。
→印刷会社は、印刷した送り状を各出荷元へ郵送する。
→各出荷元は届いた送り状を使って出荷作業を開始する。
→受注後、出荷までに1週間以上要していた。 
 また、毎日印刷会社から追跡番号リストを受け取り、そのファイルのアップロードや、注文処理済みへのステータス変更など全て手動で行われていた。

<Ship&co API導入後>
基幹システムにShip&co APIと連携させ、各出荷元で送り状を簡単に発行できるWebページを独自に開発。(Ship&co APIのサブユーザー機能を利用して各出荷元のデータ分離を容易に実現。)
→受注後、数日で出荷完了。
→出荷後の追跡番号やステータス変更も自動連携。

このように、Ship&co APIを使うと、メインのアカウント1つにサブユーザー(無制限)を追加することで複数の出荷元でも利用可能になり、全てのプロセスを自動化することができます。

以上、API仕様書はオンラインで公開していますので、Ship&co APIに興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

また、Ship&coのQiitaページでは、APIの使い方や特徴などを紹介しています。

ご不明な点がありましたらhello@shipandco.comまでお気軽にお問い合わせください。