日本からアイルランド向けの国際郵便物が届かず、日本へ返送されてしまう問題が発生しています。問題が起こるようになった背景には、2021年7月1日以降に開始されたEUのVAT規則があります。以前のブログに対応方法をご案内しましたが、その時点では、HSコードを記載することで問題を解決できました。

ところが、2022年3月28日から、国際郵便でのアイルランド宛に物品を送付される際に必要な条件がアップデートされました。それは、「税関告知書にTARICコードを記載する」ことです。

TARICコードとは?

「TARICコード」とは、「EU統合関税率(TARIC:Integrated Tariff of the European Union)」のことで、貨物を輸出入する際に用いる品目分類番号です。この番号は、世界共通で用いられるHSコード6桁にEU独自の下位分類を10桁まで加えたものです。

TARICコードの調べ方は?

国際郵便でアイルランド向けの発送を行っている方のために、EUの関税率の調べ方をご案内します。EUの"TARIC Consultation"のページにアクセスしてください。

まず、Goods code (品目コード) が不明の場合、Origin/destination (原産国) に「Japan - JP」を選択し、Browse (検索) をクリックします。

次に、以下のように複数の内容物が表示されますので、当てはまる内容物名を選択しますと、より詳しい内容物のオプションが選択できます。

その際、最後まで選択しますと、品目コードフィールドに番号が入力されますので、Retrieve Measuresボタンをクリックすると、その番号の詳細を確認できます。

上記の検索ページは、EU公式サイトで英語ですが、ジェトロのデータページでも概要をご確認いただけます。

Ship&coアプリ内でのTARICコードの設定方法は?

ShopifyやeBayを含むどのECプラットフォームでも、TARICコードの自動検索・同期機能はありませんので、Ship&coアプリ内で設定画面の内容物リストにてTARICコードと内容物を登録することが必要です。

上記の設定が完了後、国際郵便のベルを作成する際に、Ship&coの注文管理ページでTARICコードが設定される正しい内容物名を選択してください。

国際郵便以外の海外発送運送会社 (FedEx、DHL、UPS)で、アイルランド宛ての貨物を発送する場合、TARICコードではなくても、HSコードのご登録で通関手続きがスムーズになりますので、通常通りの対応で結構です。

Ship&coはECストアとのデータ連携により、時間と手間のかかる送り状発行作業の効率化をお手伝いします!まずは14日間の無料トライアルからお試しください。アカウントの作成はこちらからどうぞ

ご不明点がございましたら、hello@shipandco.comまでお気軽にお問い合わせください。