「検量スキャナー」と聞くと、倉庫などで使われる大きな機械というイメージがあるかもしれませんが、実は自社で梱包・出荷業務を行う中小規模のECセラー様向けのスキャナーもあります。

今回は、Ship&coが取り扱う検量スキャナー「Bedal」をご紹介します。

検量スキャナー「Bedal」

Bedalは、貨物のサイズ(最大 41cm x 75cm x 高48cm / 最小 10cm x 10cm x 高10cm)と重量(最大30kg / 最小250g)を自動計測できる韓国メーカーの検量スキャナーです。Ship&coとAPI連携しており、スキャナー部分に貨物を乗せるだけで、サイズと重量を瞬時に計測し、Ship&coに自動入力され、1クリックで送り状を発行できます。(動画はこちらをご覧ください。)

約1秒ほどで正しく計測されるので、貨物の計測時間の短縮化、また計測ミスを避けることができます。

BedalとShip&coを同時にご利用いただくと、出荷業務に慣れていない方・初めての方でも、貨物の計測から送り状発行まで簡単にお使いいただけます。

なお、Bedalのご利用は、Windows OSのみの対応となりますので、ご留意ください。(Ship&co内のBedalの設定についてはこちらをご覧ください。)

検量スキャナーBedalに興味のある方は、Ship&coへお問い合わせください。