Shopifyで構築したECサイトにギフト機能を追加するには、これまで色々な機能を組み合わせる必要がありました。そのため、「使用感の違うアプリをいくつも使う必要があるため、使いづらい…」など、「Shopifyにおけるギフト販売は難しい」との声もしばしばありました。

しかし、2022年、「株式会社ハックルベリー」がリリースしたAll in Giftをインストールすれば、ギフトに関する機能がすべて揃います!

今回は、そんなAll in Giftについて、徹底的に解説いたします。

  • Shopifyでは、これまでギフトが実施しにくかった
  • 2022年All in Giftが登場
  • 「All in Gift」の機能6選
  • アップデートによる追加機能も多数!
  • Shopifyへ「All in Gift」を導入する方法
  • 「All in Gift」アプリ導入事例

Shopifyでは、これまでギフトが実施しにくかった

ECサイトのギフト機能といえば、ギフトラッピングや複数配送機能、eギフトなど、さまざまな施策があります。

Shopifyで構築したストアに、そんなギフト機能を導入するには、さまざまな機能やアプリを組み合わせる必要があります。

そのため、ギフトを実施するためには複数のアプリを入れる必要があり、サイトが重くなってしまう、といった問題も起きていました。

そこでこれまで、「一つのアプリで、通常のギフトもeギフトも複数配送もできるShopifyアプリ」の登場が待たれていました。

2022年All in Giftが登場

All in Giftは、まさに「Shopifyのギフトアプリの決定版」と言えるアプリです。

通常のギフトはもちろん、昨今注目を集めるeギフト機能にも対応している他、マルチシップ機能や、カタログギフトなど、ギフトに必要な機能を抜け漏れなく揃えています。

ギフトに必要なものが勢揃い!「All in Gift」の機能6選

ここからは、All in Giftの機能を一つ一つご紹介していきます。

① 通常のギフト(熨斗・ラッピング機能)

熨斗やラッピングなど、ギフトに欠かせないオプション設定が可能です。

<設定できるオプション>

  • 熨斗(のし)
  • ラッピング
  • メッセージカード
  • 手提げ袋

※オプション機能は商品ごとに設定のON/OFFが可能なため、一部の商品のみラッピング対応している場合にも安心してご利用いただけます。

② eギフト機能

贈り先の住所がわからない場合に、贈り先へLINEやSNSのDMなどで受け取りURLを贈ることができます。

受け取った相手は自分で届けてほしい住所を入力することで、贈る人も贈られる人にも便利な機能です。

③ 複数配送(マルチシップ)機能

お中元やお歳暮、内祝いなど複数の方へ贈り物をする際に便利な機能です。

各商品ページから贈りたい商品、及び個数を選択すると個数に応じて配送先を選択することが可能です。

もちろん、住所を指定してお届けする場合はもちろん、SNSギフトでもご利用が可能です。

④ カタログギフト機能

通常の引き出物などの用途はもちろん、様々な用途でご利用いただけ、ギフトの幅が広がります。

  • 結婚式の引き出物
  • 内祝い
  • 受け取る相手の好みがわからないときのギフト、等

⑤ ノーコードのUI変更

  • ギフトボタンの表示調整機能

「ギフトボタンのテキストの表記内容やカラー、フォント」の調整が可能です。
カラーやフォントを変えることで、ストアデザインやブランドの世界観に合わせたテキスト文言・UIを実現できます。

  • 自社ドメイン設定

ギフトの受け取りURLを事業者(マーチャント)が指定したドメインに変更できるようになりました。

これにより、eギフトの購入から受け取りまで一貫したブランド・体験の訴求を実現でき、リピート利用の促進が期待できます。

  • お届け日指定機能

住所を指定してお届けする場合も、SNSギフトでもお届け日の指定が可能です。

※お届け日の設定機能は商品ごとに設定のON/OFFが可能なため、仕入れや商品の性質上、一部の商品ではお届け日の指定ができない場合もご利用いただけます。

⑥ その他機能

  • ダッシュボードの分析機能

「売れ筋のギフトはなにか」、「利用されているオプションは?」など、ギフトの利用状況をダッシュボードで直感的に分析し、今後の施策に活用していただくことが可能です。

  • マーケティング機能
  • 受取者へのクーポン訴求機能

All in giftではeギフトの購入後に発行される受け取りページにクーポンを付けることができます。ギフトを受け取った方が新規のお客様になるチャンスです。

Shopifyのディスカウント機能よりお好きなクーポンを作成していただき、必要に応じてクーポンコードまたはクーポンリンクを入力してください。 ご利用いただきやすいよう利用期限や限度額など補足説明をご入力いただくことで、よりご利用率がUPします。

  • 受取者へメルマガ登録・会員登録の訴求

この機能を用いることで、eギフト受け取りページで、eギフトを受け取った方へ「会員登録」、または「メルマガ登録」を促すことができるようになり、メールマーケティングなどを行うことができるようになります。ギフト受け取り者へのマーケティングが可能となるため、広告などの費用をかけずに新規顧客の取り込みに寄与できます。

アップデートによる追加機能も多数!

このほかにも、All in Giftは今後も数々のアップデートでの機能追加が予定されています。

新機能:バリエーション機能

例えば…服や靴・カバンなどをギフトで送る際「サイズは何だろう?」「好きな色は何だろう?」と、迷った経験は多くの方がお持ちだと思います。

バリエーション機能は、そんなお客様のお悩みを解決します。

バリエーション機能を使えば、贈りたい商品は固定で、その色やサイズなどを受け取り手が選ぶことができるようになるのです。

Shopifyへ「All in Gift」を導入する方法

All in Giftは、Shopifyアプリストアからダウンロードすることで簡単に実装可能です。

Shopifyアプリストアからアプリをインストール
まずは、Shopifyアプリストアからアプリをインストールしましょう。

② 初期設定
次の初期設定です。初期設定は非常に簡単で、最短1分で終了します。設定方法がわからない場合は、サポートからお気軽にお問合せください。サポートでは、チャットでのやりとりや、Web会議システムを使い、アプリ設定後の効果的な活用方法などもお伝えいたします。

③ 公開
初期設定が終了したら、いよいよ公開です。ギフト機能を活用して、ECサイトの売上を上げましょう。

④ PR
ギフト機能を導入したことを、自社のECサイトに訪れてくれているお客様に知ってもらいましょう。

有名企業多数!「All in Gift」アプリ導入事例

1. Inhop(インホップ)

キリンの子会社である株式会社Inhopが運営する、InhopでもAll in Giftが導入されています。

Shopifyアプリ「All in gift」が、史上初のW機能の機能性表示食品「働くアタマとカラダの脂肪に ホップ効果」を提供する「INHOP」にて採用

2. Paskel(パスケル)

大人の女性のファッションにも似合う防犯ブザーを提供する『Paskel』でも、Shopifyアプリ「All in Gift」が採用されています。

Shopifyアプリ「All in gift」、「Paskel」のネットショップにて採用

3. 蔵直クラブ

老舗酒造会社「西酒造株式会社」が運営する、蔵元だからこそ作れるお酒やお菓子を提供する「蔵直クラブ」でも、All in Giftが採用されています。

Shopifyアプリ「All in gift」が、蔵と飲み手を直接繋ぐ「蔵直CLUB」のオンラインショップにて採用

まとめ

今回は、通常のギフトはもちろん、eギフトもマルチシップも実施できるShopifyギフトアプリの決定版「All in Gift」についてご紹介しました。

ギフトは、年末商戦やバレンタインシーズンといったシーズナル商品や、アパレル、コスメといったギフト商材におすすめの施策です。

All in Giftは、通常のギフトであれば無料で実施可能な施策ですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?All in Giftはこちら

また、All in Giftでは現在利用総額1億円まで無料で使えるキャンペーンを実施中!ぜひこの機会に試してみてください。

キャンペーンはこちら