ネットショップを運営するにあたって、商品をスピーディーかつ確実にお客さまのお手元に届けるため、『送り状 (配送伝票)』は必ずと言っていいほど利用されると思います。

国内外に向けての発送において、シッピングツールを利用して送り状発行されている方の中に、「送り状データには使用期限がある 」という事をご存知ない方も多いのではないでしょうか。

今回は、その「送り状の使用期限」について解説していきます。

送り状(伝票)データの使用期限とは

Ship&coも含めオンラインのシッピングツールで発行した送り状の使用期限とは、送り状が発行された後、いつまで発送に利用できるかという有効期限のことです。

国内外運送会社の送り状の使用期限

運送会社によって送り状の使用期限が異なりますので、発行日からいつまで有効となるのかぜひ確認しておきましょう。

また、国内発送の場合、送り状に有効期限が印字されますので、併せて以下の画像をご確認ください。

1. ヤマト運輸

  • 発行日から30日間です。

2. 佐川急便

  • 発行日から30日間です。

3. 日本郵便(ゆうパック、ゆうパケット)

  • 発行日から100日間です。

4. 日本郵便・国際郵便

  • 発行日から7日間です。

5. FedEx

  • 発行日から14日間です。

6. DHL

  • 発行日から7 日間です。

7. UPS

  • 発行日から3 日間です。

使用期限の過ぎたらどうなるか?

使用期限が過ぎてしまった送り状は、遅延や誤配送の原因になりますので、どちらのシステムから発行されたかを問わず、通常、使用できなくなります。その為、予め用意した送り状の使用期限が過ぎてしまったら、実際の出荷を行う際に、もう一度送り状を発行する必要があります。

Ship&coアプリを利用される場合、発行後の送り状のデータは60日間保存されますので、発行完了画面の履歴から、実際に発送に使用しなかった送り状の発行済みデータを一旦破棄し、同じ受注データを使って送り状を再発行する流れになります。


Ship&coは、ECストアとのデータ連携により、時間と手間のかかる送り状発行作業の効率化をお手伝いします!まずは14日間の無料トライアルからお試しください。アカウントの作成はこちらからどうぞ

ご不明点がございましたら、hello@shipandco.comまでお気軽にお問い合わせください。