すでにご存知のことと思いますが、2022年3月8日より、日本郵便はヨーロッパをはじめとする一部の国への航空便をすべて停止しています。

最新情報はこちらからご確認ください。

ロシア領空が封鎖された状態でも、日本からヨーロッパ各国へのEMSとeパケットは夏前には復旧すると考えられます。日本とヨーロッパを結ぶ便は迂回ルートを航行することで、ほとんどの便が航行しています。しかし、現在、日本郵便は、欧州向けの貨物を民間航空会社に依存している状況です。

今回の問題では、荷主は積極的に多様な輸送会社と連携する必要があることを改めて認識させられます。

現在Ship&coはFedExとの提携で、割引料金をご用意しております。DHLとUPSもヨーロッパ諸国への配達には、非常に迅速で信頼性の高い輸送サービスを提供しています。もし、これらの国際キャリアとのご契約がまだであれば、今こそが潮時ではないでしょうか。

ご紹介が必要な場合は、hello@shipandco.comまで、お気軽にお問い合わせください。