オンラインショップを運営していると、ビジネスが拡大し、日々の物流業務が少し面倒になっていませんか?

「人員不足で業務が逼迫している」「セール時期は、梱包・発送対応で残業が多くなり、コア業務に集中できない」「商材に最適な倉庫を探すのが大変」、「倉庫内でトラブルやミスが増加」、など、ショップのコア業務に直接関わらない部分で負担を感じている越境ECセラー様が多いのではないでしょうか。

今回、そんなお悩みを解決する、物流に関するすべての業務を代行する物流プラットフォーム、物流フルフィルメントサービス「オープンロジ」についてご説明します

  • オープンロジとは
  • 日々の物流業務をシンプルにするオープンロジ5つの特徴
  • Shopify連携のオープンロジ活用方法

オープンロジとは

物流フルフィルメントサービス「オープンロジ」は、倉庫での商品の保管、ECプラットフォームでの受注に応じたピッキング、梱包、出荷、配送など、EC事業者に必要な物流業務を固定費無料・従量課金でワンストップで提供しています。

オープンロジシステムが自動連携しているシステムは、以下の通りです。

  • マーケットプレース(モール):Yahoo!ショッピング、eBay
  • ショップ:Shopify、STORES.jp、BASE
  • 店舗運営管理:ネクストエンジン*、GoQ System、クロスマ

*ネクストエンジン経由で、アマゾン、楽天、その他のシステムとも連携。

そして、上記の通販関連システムとの連携以外に、APIによる自社システムとの直接連携も可能です。

さらに、数を問わず、1商品・1件の配送から大規模な配送まで利用可能ですので、ビジネスのサイズに関係なく、面倒な物流課題を体験しているEC事業者なら、とにかく導入しやすいサービスになります。

日々の物流業務をシンプルにするオープンロジ5つの特徴

ここまでは、オンラインショップとオープンロジをAPI連携することで物流を自動化できることが分かりました。次に、オープンロジサービスの特徴をご説明します。

  1. オンデマンドで従量課金:商品1点から利用可能。初期費用・固定費ゼロ、従量課金プラン。 初回登録から発送まで最短2日で対応可能です。
  2. FAXやアナログなやりとり不要:倉庫にあずけた商品の状態や在庫確認、出荷指示をWebの管理画面から行えます。
  3. API連携で業務を自動化:ECや受注システムとの連携機能を利用することで、 出荷指示を自動化できます。
  4. 国内/海外配送にもワンストップ対応:状況に応じて選べる海外への配送方法EMSが定価の10%引き。Amazon FBAを簡単・おトクに利用できるプランも用意しています。
  5. 独自の倉庫ネットワークで課題解決:全国に広がる独自倉庫ネットワークで『拡張性』と『柔軟性』の高い物流フルフィルメントサービスを提供しています。標準的な商品だけでなく、冷蔵・冷凍や食品、大型、危険物等の多種多様な商品に対応しています。

Shopify連携のオープンロジ活用方法

オープンロジは、簡単にオンラインストアが開設できるプラットフォーム「Shopify」との連携性に優れています。

まず、Shopifyで開設したオンラインストアでの受注情報はオープンロジに自動連携されるため、ストア管理者が作業に関与することなく、自動で購入者への出荷が行われます。

また、Shopifyでは、簡単にオンラインストアに導入することができる拡張機能(プラグイン)がShopifyアプリとして公開されています。オープンロジは、これらのアプリと連携することで、さらに高度なストア機能に関連した物流業務についても、自動化を進めています(定期購買、SNSを利用したギフト、日時指定、CRM等、連携拡大中)。

オープンロジ x Ship&co ウェビナー開催!

さあ、今回、オープンロジとShip&coが共同開催するオンラインセミナーについてご紹介していきます。

開催概要

開催日:2022年7月7日(木)
時間:16:00〜17:00時(1時間)
提供:オープンロジ、Ship&co

PC、Mac、iPad、iPhoneまたはAndroidデバイスから参加できます:
ここをクリックしてウェビナーに参加。

トピック

出荷作業は自社?外注? 検討する際のポイント整理 

対象者

・Shopifyの利用を検討している方
・自社物流か物流外注かの棲み分けが整理しきれていない方
・効率の良い出荷作業を構築したい方
・改めてShip&coとオープンロジを理解したい方

内容

・EC物流の全体像と実際の作業
・自社物流と物流外注のそれぞれのメリット
・物流選択の際のポイント
・Ship&coとオープンロジのサービス概要

当日、お会いできることを楽しみにしています!

Openlogiについてもっと知りたいという方、資料請求はこちらから。