国際郵便より、2023年4月25日(火)に大きな発表がありました。この発表により、越境EC販売を行っている事業者様に影響を受けるかと思いますので、本ブログでは、それらの点を解説していきます。

  • 国際郵便料金の改定
  • 国際eパケット郵便物の料金の廃止
  • 国際通常郵便物の地帯区別の変更
  • 重量段階の変更

上記の変更は、2023年10月1日(日)に実施される予定で、ぜひ以下のブログを理解しておいて、その変更が適用される前に準備しておきましょう。

国際郵便料金の改定

日本郵便は、2023年10月1日(日)から以下の国際郵便サービスの料金を引き上げると発表しました。

  • 書状および郵便はがき:航空扱いとするもの、船便扱いとするもの
  • 印刷物:航空扱いとするもの、SAL扱いとするもの、船便扱いとするもの(低料印刷物を除きます。)

国際郵便料金の改定の対象サービス

今回の国際郵便の送料値上げは、地域によって異なりますが、例えば、米国に航空扱いの一番軽い印刷物を送る場合、以下のように変わります。

  • 現行料金‌‌
    20グラムまで:80円‌‌
    25グラムまで:110円‌‌
    50グラムまで:150円
  • 新料金‌‌
    1〜50グラムまで:250円

改定内容の詳細は、こちらからご覧ください。

国際eパケット郵便物の料金の廃止

コロナ前は、日本から海外にEC店舗の商品を送る時に、EC事業者がよく利用するのは、国際eパケットです。

今回、停止と発表したのは、書留とする航空扱いの小形包装物の特別料金(国際eパケット郵便物)のことで、2023年9月30日で廃止することになります。

*eパケットライトは、上記の廃止の対象外ですが、現時点、一時的停止されています。

国際通常郵便物の地帯区別の変更

国際通常郵便物である書状(手紙)・はがき、印刷物、書留小形包装物の地帯区別は、今まで、5地帯あるEMSと国際小包サービスと異なっており、以下の4地帯に分けられています。

しかし、国際通常郵便物の地帯区別は、2023年10月1日から、国際小包郵便物、EMS郵便物の地帯の区別に合わせて5地帯に変更されます。

(新)EMS・国際小包
第1地帯中国・韓国・台湾
第2地帯アジア(中国・韓国・台湾を除く)
第3地帯オセアニア・カナダ・メキシコ・中近東・ヨーロッパ
第4地帯米国(グアム等海外領土を含む)
第5地帯中南米(メキシコを除く)・アフリカ

2023年10月1日からは、以下の5地帯区別に統一されると整理されることで、より分かりやすくなることが期待されます。

EMSと国際小包は、通常、地域や重量に応じて料金が追加されますので、皆様のショップには、どの配送先に送る荷物が多いか確認し、損をしないように新しい送料でしっかり利益計算を行なってくださいね。

重量段階の変更

国際郵便は、地帯区別のみでなく、重量段階も含めて以下のように変更することになると発表しました。

  • 船便扱いとする書状の最低重量区分を20gから25gに変更します。
  • 印刷物の最低重量区分を20gから50gに変更します。
  • 航空扱いとする印刷物の重量段階を2kgまで100gごとに変更し、また、2kgを超える航空扱いとする印刷物およびSAL扱いとする印刷物の重量段階を1kgごとに変更します。

送り状発行システムShip&coとは?

Ship&coは、EC事業者が配送業務において直面する課題を解決するために開発された、送り状発行システムです。シンプルで使いやすいWebダッシュボードと出荷APIを提供しており、注文情報を自動的に同期し、FedEx、UPS、DHL、ヤマト運輸、佐川急便などの配送会社の配送ラベルとコマーシャルインボイスを簡単に作成することができます。Ship&coを使うことで、煩雑な手作業を省くことができ、配送業務の効率化と正確性の向上を実現できます。

アカウントの作成はこちらからどうぞ。ご不明点がございましたら、hello@shipandco.comまでお気軽にお問い合わせください。

皆様の発送業務をより簡単になりますように全力でサポートして参ります!