コロナウィルス感染拡大の影響で、サービスの継続が厳しい環境下で増大したオペレーションコストを補い、緊急事態の中でも必要な航空ネットワークの確保を可能にするため、DHLでは2020年4月1日より緊急事態追加金 (Emergency Situation Surcharge) が導入されました。

このサーチャージは、1運送状あたりの請求重量が2.51kg以上となる全ての貨物が課金対象となります (Medical便は除く)。詳細は、以下DHLのウェブサイトからご確認いただけます。
https://www.dhl.co.jp/exp-ja/important_information/covid_19.html

なお、この追加金は、Ship&coの概算送料表示ページにも反映されます。