Ship&coが連携させていただいているShopify APIでは、2018年より「最長60日」の同期リミットが存在し、Ship&coも、これに沿った形でこれまでサービスを提供してきましたが、つい先月、この同期制限に対して独自の対策を講じる事に成功しました!

「最長60日」リミットの詳細は:
その1 ).  Shopifyにて注文が行われてから60日以内の未発送の受注データのみ、最初の店舗登録時に同期対象となる。
その2 ).  Ship&coに受注データが同期された後、注文作成から60日以上経って送り状を作成された場合、Shopifyへの「発送済み (Fulfillment)」の更新ができない。
という内容でした。

しかしつい先月、この同期制限に対して、以下の通り独自の対策を講じる事に成功しました!

その1 ). 店舗登録時の60日制限に対して
店舗登録時、60日以上前に作成された未発送の受注データもShip&coに同期させたい場合は、以下の方法にてShopifyの受注データに更新をかけ、強制的に同期させる事ができます。

【 同期させたい件数が少ない場合 】
Shopify管理画面にてオーダー毎にデータ更新を実行してください。データ更新は、配送先情報の編集も有効ですが、「メモ」の追加 が便利です。ハイフン やドット (.) など、記号1つの上書きでも問題ございません。

【 同期させたい件数が多い場合 】
Shopifyのオーダータグを活用・Ship&coに追加いただく事で、60日を過ぎた未発送オーダーでも一括でShip&coに強制同期することができます。
Shopifyの注文管理画面で、該当するオーダーに任意のタグを追加していただき、そのタグ情報をShip&coに同期していただく方法です。タグをShip&coに同期する手順詳細はこちら

その2 ). 送り状発行後の「発送済み (Fulfillment)」の更新について
2021年3月23日以降、Ship&coに登録いただくShopify店舗との連携においては、注文作成から60日以上経って送り状を作成された場合でも制限なく、Ship&coからShopifyへの「発送済み」のステイタス更新・追跡番号の同期が可能になりました!

2021年3月22日以前にShip&coにて登録作業をされたShopify店舗に関しましては、「店舗の削除 → 再登録」作業を行なっていただく事で、このアップデートが適用され「発送済み更新時の60日制限」の回避が可能となります。「店舗の削除 → 再登録」の手順はこちら

以上、今回のご案内は、Ship&coのサポートページにも詳しく掲載しています。

Ship&coでは今後も、出荷業務のミカタとしてより良いサービスを提供させていただけるよう、進化を続けて参ります!

ご質問等ございましたら、hello@shipandco.comへお気軽にお問い合わせください。